涼ヶ岡八幡神社 は、建武年間(1334-1336)に創立され、元禄八年(1695)に相馬中村藩五代藩主相馬昌胤(まさたね)公によって現在の社殿及び境内が整備されました。

 八幡神は、大分の宇佐において欽明天皇三十二年(571)に神霊により、「われは誉田天皇広幡八幡麻呂(ほんだのすめらみことひろはたのやはたまろ、応神天皇)なり」とのお告げがあったとあります。

 その後天皇家が伊勢神宮に次ぐ第二の祖神として重んじるようになり、中世には源氏が守り神としたことから多くの武家に武神として崇敬され、国家鎮護(ちんご)、必勝、合格祈願、諸業繁栄、病気平癒(へいゆ)、そして海上安全、大漁満足、安産他で信仰されています。

 平成二十四年7月9日に、元禄八年(1695)に建造され現存する本社他7棟、本社の宮殿(くうでん)3基、摂社若宮八幡宮の宮殿(くうでん)3基、そして本社拝殿の「八正宮」の扁額1面が、国の重要文化財に指定されました。

© 2015. 涼ヶ岡八幡神社. All Rights Reserved.