「例大祭本祭りを斎行」

2018/10/05 投稿

 平成30年9月15日(土)、本祭りを斎行しました。この日も引き続き相馬ふるさと行事「いもずいも」が涼ヶ岡八幡神社敬神婦人会の皆さんによりふるまわれました。

 9時に式典・雅楽奉奏があり、続いて神楽殿において礼螺・日本舞踊・県の民族無形文化財に指定されている宇多郷の神楽舞などが奉納されました。

 雅楽奉奏雅楽奉奏参進参進日本舞踊奉納日本舞踊奉納

 

 

 

 

 

 

御手神楽台敬神会の神楽舞奉納御手神楽台敬神会の神楽舞奉納

涼ヶ岡八幡神社神楽保存会の神楽舞奉納涼ヶ岡八幡神社神楽保存会の神楽舞奉納

 

 

 

エントリの続きを読む »

「例大祭宵祭り」を斎行

2018/10/04 投稿

 平成30年9月14日(金)、宵祭りを斎行しました。涼ヶ岡八幡神社敬神婦人会の皆さんが相馬ふるさと行事になっている名物「いもずいも」を休憩所でふるまい、昼は地元の八幡幼稚園、八幡小学校の子供達が全員訪れ、歓声に包まれたひと時となりました。

 神楽殿の欄干には八幡小学校の児童が夏休みの課題で絵を描いた竹灯籠の全作品を祭りの期間中展示しました。そして午後1時には、各学年の金賞、銀賞の優秀作品受賞者を表彰しました。ご家族と一緒に鑑賞する児童が多くいらっしゃいました。

 午後5時から神事、神事終了後に参道の竹灯籠に点火し幻想的な夕べを演出しました。そして神楽殿では、民舞・新日本舞踊・カラオケなどが奉納され、多くの参拝客を楽しませました。

「いもずいも」を楽しむ児童「いもずいも」を楽しむ児童

絵竹灯籠作品受賞児童絵竹灯籠作品受賞児童

 民舞奉納民舞奉納

 

 

 

 

 

 

新日本舞踊奉納新日本舞踊奉納カラオケ奉納カラオケ奉納

 参道の竹灯籠参道の竹灯籠

  

 

 

 

 

 

 随身門前の竹灯籠随身門前の竹灯籠

 

 

 

 

 

 

 

 

エントリの続きを読む »

八幡小児童による絵竹灯籠作品の審査

2018/09/08 投稿

 相馬市立八幡小学校の全児童が夏休みに制作した絵竹灯籠を、笠原校長と荒先生そして涼ヶ岡八幡神社の草野総代長と遠藤禰宜が審査し、優秀作品として各学年からそれぞれ金賞(以下写真の左側)と銀賞(同右側)を選抜しました。

 これらの作品は、涼ヶ岡八幡神社の例大祭に合わせ以下の予定で表彰、展示されます。児童の力作をぜひご覧ください。

    ◇ 表彰式  9月14日(金) 午後1時   場所:神楽殿

    ◇ 展  示  9月14,15日(金、土)    場所:神楽殿の回廊

1年優秀作品1年優秀作品2年優秀作品2年優秀作品3年優秀作品3年優秀作品4年優秀作品4年優秀作品

5年優秀作品5年優秀作品6年優秀作品6年優秀作品

 

 

 

エントリの続きを読む »

老人クラブと小学校児童が清掃作業

2018/09/07 投稿

 涼ヶ岡八幡神社の例大祭の1週間前には、八幡老人クラブの皆さんと八幡小の児童とが合同で神社の清掃作業を実施するのが恒例となっています。今年も9月7日(金)の朝8時から清掃作業が始まりました。老人クラブの皆さんと八幡小3,4年生は参道、5,6年生は境内を清掃しました。お陰様で大変きれいになり、例大祭を迎えられます。有難うございました。

清掃前の挨拶清掃前の挨拶石碑周りの清掃石碑周りの清掃手水舎周りの清掃手水舎周りの清掃

 

 

 

 

 

 

清掃終了の挨拶清掃終了の挨拶 終了後の老人クラブ記念写真終了後の老人クラブ記念写真

 

 

 

エントリの続きを読む »

郡山敬神婦人会の皆さんが正式参拝

2018/08/23 投稿

 8月22日に、郡山敬神婦人会の40名の皆さんが正式参拝に見えました。参拝後に本社拝殿前で記念撮影、その後社務所で涼ヶ岡八幡神社敬神婦人会が特別に調理提供した相馬ふるさと名物の「いもずいも(芋吸物)」を召し上がりました。「いもずいも」は里芋の吸物で、例年9月第三金・土曜日に催される涼ヶ岡八幡神社の例大祭でのみ一般にふるまわれるもので大変好評でした。続いて「国指定重要文化財 涼ヶ岡八幡神社について」と題し、禰宜が映像を用いて紹介しました。

神橋を渡り随身門を通り本社へ神橋を渡り随身門を通り本社へ正式参拝後の記念撮影正式参拝後の記念撮影神社紹介神社紹介 

エントリの続きを読む »

注連縄用に青刈り稲を用意

2018/08/21 投稿

 注連縄(しめなわ)の材料となる青刈り稲を今年も用意しました。例年総代さんの好意により青刈り用に稲を育てて頂いています。晴天の8月18日に刈り取り、数時間の天日干しの後、陰干しで水分を除きました。その後、穂をハサミで切り取って除き完成です。良い天気に恵まれ、緑の濃い良い青刈り稲が出来ました。これを暗所に保存し、年末に取り出し注連縄を作る予定です。

エントリの続きを読む »

放生池に繁茂したヒシを除去

2018/07/18 投稿

 毎年夏には、放生池に多量のヒシが繁茂します。炎天下でしたが恒例のヒシの除去作業を行い、きれいな水面が現れました。

ヒシ除去前の放生池ヒシ除去前の放生池

作業開始作業開始

作業中作業中

 ヒシ除去後の放生池ヒシ除去後の放生池

 

 

エントリの続きを読む »

亀齢社と相馬恕胤公遺品を紹介

2018/07/04 投稿

 6月の相馬郷土研究会講座において、遠藤政弘禰宜が以下の題で紹介しました。

   「涼ヶ岡八幡神社の御神宝、収蔵品  3.亀齢社と相馬恕胤公遺品」

  涼ヶ岡八幡神社の境内社の一つの亀齢社の祭神は相馬中村藩8代藩主(相馬家24代)の相馬恕胤公です。今回は、寛政7年(1795)の亀齢社勘定にあたり吉田神道の吉田良倶より頂いた「亀齢霊神勘定文書」、掛幅の「相馬恕胤公像」、御納物の恕胤公遺品のうち「御名乗」「欽考実名」「御印判御注文三通」「御召初御装束」他について紹介しました。

 

   

エントリの続きを読む »

マツラン・カヤラン観察会のお知らせ

2018/04/29 投稿

マツラン(福島県絶滅危惧ⅠB類)、とカヤランが涼ヶ岡八幡神社の境内にある「縁結びのカヤ」に多数寄生していることが平成28年に発見されました。

今年は例年よりやや早く五月の連休が花の見ごろになっています。高い位置に着生しているので、肉眼での観察は困難です。望遠鏡と双眼鏡を用意して案内します。

日 時 : 平成30年5月5日(土、こどもの日) 午前9時~12時

場 所 : 涼ケ岡八幡神社境内 「縁結びのカヤ」周辺 

 ※ 望遠鏡、双眼鏡あるいは望遠付カメラのある方はお持ちください。

 観察風景観察風景

マツランマツラン
カヤランカヤラン

 

 

 

 

エントリの続きを読む »

春祭り、平成30年度第1回総代会を開催

2018/04/29 投稿

 平成30年4月21日、午前11時本社にて神事を斎行、終了後に社務所で本年度第1回の総代会を開催しました。昨年度の事業報告と会計報告、本年度の事業報告、そして総代の交代が承認されました。本社前で記念写真を撮影後、社務所で退任総代に感謝状贈呈を行い、続いて直会で懇親の輪を広げました。

涼ヶ岡八幡神社総代会記念写真涼ヶ岡八幡神社総代会記念写真

エントリの続きを読む »

© 2015. 涼ヶ岡八幡神社. All Rights Reserved.