亀齢社と相馬恕胤公遺品を紹介

2018/07/04 投稿

 6月の相馬郷土研究会講座において、遠藤政弘禰宜が以下の題で紹介しました。

   「涼ヶ岡八幡神社の御神宝、収蔵品  3.亀齢社と相馬恕胤公遺品」

  涼ヶ岡八幡神社の境内社の一つの亀齢社の祭神は相馬中村藩8代藩主(相馬家24代)の相馬恕胤公です。今回は、寛政7年(1795)の亀齢社勘定にあたり吉田神道の吉田良倶より頂いた「亀齢霊神勘定文書」、掛幅の「相馬恕胤公像」、御納物の恕胤公遺品のうち「御名乗」「欽考実名」「御印判御注文三通」「御召初御装束」他について紹介しました。

 

   

© 2015. 涼ヶ岡八幡神社. All Rights Reserved.