由緒

 本社の名は、元「八幡宮」、「八正宮」ともいい、維新後に「涼ヶ岡八幡神社(すずみがおかはちまんじんじゃ)」になりました。この地には、大同年間(806-809)に創立された「若宮八幡」という祠がありました。 

 後醍醐天皇(ごだいごてんのう)が元弘三年(1333)に北畠顕家を東北を治める陸奥守に任じ、また建武二年(1335)にその武将の白河城主の結城宗広(白川道忠)を宇多郷の守に任じました。結城宗広はかねて信仰する八幡の宮を建てたいと場所を探したところ、熊野堂の館(現中野清水)の南に「若宮八幡」という祠があり、杉樹などの古木が繁茂し幽邃(ゆうすい、奥深く静か)であり適地であるとして、この地に「八幡宮」を建て、「若宮八幡」を摂社(せっしゃ、本社と縁のある神様を祭っている神社)にしました。 

 天分年間(1532-1555)に相馬氏の所領に代わり、その後相馬氏が代々本社を崇敬し、相馬中村藩の鎮守として祭典や修繕は全て藩費でまかなっていました。 

 元禄七年(1694)になり、相馬家二十一代で相馬中村藩五代藩主の相馬昌胤(まさたね)公が特に本社を崇敬し、新しく各宮殿を造営、境内を整備し翌元禄八年(1695)に完成しました。総欅(けやき)材を用い、近郷でも群を抜く壮美な宮殿になり、「相馬日光」と称されました。 

 明治六年に宇多郷25ヶ村の郷社になりました。平成二十四年(2012)に、元禄八年に完成し現存する7棟全てが国の重要文化財に指定されました。

 

祭神

  誉  田  別  命 (ほんだわけのみこと、応神天皇)

  帯  中  彦  命 (たらしなかつひこのみこと、仲哀天皇)

  息  長  足  姫  命 (おきながたらしひめのみこと、神宮皇后)

 

神徳

  国家守護・必勝・厄災消除・病気平癒・家内安全・交通安全・海上安全・安産守護・他

© 2015. 涼ヶ岡八幡神社. All Rights Reserved.